キャンピングカーの日頃
*
ホーム > ワキガ > ワキガの原因と臭いを治すための対策

ワキガの原因と臭いを治すための対策

ワキガの手当てのための対策と臭いの原因についての解説です。

ワキガと思われないようにするためには、それなりの体臭ケアが必要です。

ワキガの原因と、その対策についてまとめてみます。

ワキガの原因は汗、脂、細菌が原因と言われており、汗にはエクリン汗、アポクリン汗の2種類があります。

エクリン汗はエクリン腺から出てきます。

エクリン腺は体全体にありますが、特に頭部、背中、顔に多くあります。

人間の汗の大部分はこのエクリン汗で、99%が水の酸性でできています。

対してアポクリン汗はアポクリン腺から分泌され、耳や脇の下、乳輪や陰部に存在します。

エクリン汗が酸性であるのに対しアポクリン汗はアルカリ性で、ワキガの嫌な臭いの原因はこのアポクリン汗が原因です。

よく汗かきの人がワキガになりやいと誤解されがちですが、汗かきの原因はエクリン腺であるため、汗の量と臭いに因果関係はありません。

体臭の手当てのために必要な対策としては、汗腺の機能を鍛えておくことです。

鍛えるためにできる最も簡単な方法は、半身浴を行うことです。

サウナや岩盤浴でも同様の効果が期待できると言われています。

ワキガと思われないよう気を遣いすぎるのも良くありません。

日常生活の中でできそうなことから取り入れていくのが良いと思います。

わきがの治し方について